• TOP
  • 必要な資金
  • 年収
  • 基礎知識
  • 口コミ・評判

介護 フランチャイズの失敗例

人気ランキングはこちら≫≫≫


kourei

介護フランチャイズのメリットについて

訪問入浴や家事援助などの、介護サービスを利用する人は年々増加していますので、介護事業は利益多いのですが、個人で介護事業を展開するよりも介護フランチャイズで経営者になった方が良いでしょう。

その理由として、介護サービスの個人事業は、フランチャイズと比べて利益を多く独占できるのですが、フランチャイズは初めからノウハウを持てますし、低コストで早期開業が可能です。

また、知名度などのブランド力からしても、高齢者や障がい者が安心して介護サービスを受けられるという点で見ると、介護の経営はフランチャイズの方が有利です。

介護フランチャイズの失敗例について

こうした事からも分かるように、介護フランチャイズの方が良いのですが、なかには介護フランチャイズで失敗するケースもあります。

介護フランチャイズで失敗した例とは、人件費がかかり過ぎてしまい、利益が得られなかったということです。
これは労働基準法で定められている、人員配置の法律に従った結果ですが、小規模の介護事業所に起きるケースです。

それと介護事業は、利益を得やすい事業として注目されており、競争率が激しくなっていますので、事業展開が軌道に乗るまでが長くなってしまいます。
これによって運営資金を確保していなかった事業が継続することが厳しくなり、失敗したという例があるのです。

また利用者を集客するための、ケアマネージャーの営業能力が無いことや、所長となる人の営業的な取り組みの熱心さでも失敗してしまうことがあります。

高齢者向けの配食サービスは、利益の目安となる顧客数が集まるのに1年位かかり、この1年位は利益があまり無いため、期間を乗り越える資金や資金管理が重要となります。
こうした配食サービスの資金関係によって失敗する例もあるのです。

介護フランチャイズで失敗しないためには

介護フランチャイズで失敗してしまうのは、フランチャイズ自体に問題があるわけではなく、利用者や資金に関わることによる失敗が多くみられます。

ですので、失敗しないためには、経営者が資金繰りを上手く行い、経験豊富なスタッフや営業能力に優れている人材の確保に務めることです。

フランチャイズ募集サイトランキング

フランチャイズの窓口

人気の理由
  • 200社以上の掲載数!
  • 逆指名制度で見つけてくれる!
  • 説明会情報も見れる!

公式サイトはこちら

アントレnet

人気の理由
  • 大手リクルートが運営!
  • 様々な検索軸から探せる!
  • 独立事例集も豊富!

フランチャイズ比較ネット

人気の理由
  • 運営9年、利用者12万人の実績!
  • 加盟金キャッシバック制度!
  • 電話での対応も可能!

介護のフランチャイズをしたい方へ

介護 フランチャイズの口コミ・評判