• TOP
  • 必要な資金
  • 年収
  • 基礎知識
  • 口コミ・評判

介護 フランチャイズに必要な資金

人気ランキングはこちら≫≫≫


独自で介護事業を開業すると大変

独自に介護事業に参入するのは大変なこととなり、特に事務処理が大変になりますが、月末になると各利用者の実施サービスの集計や、利用者に届ける請求書などの作成業務があるからです。
また雇っている社員の給与計算や給与明細書の作成、利用者に提供したサービスを集計し国連保への請求書の作成もあり、このような事務処理は細かくてミスが許されないので大変なのです。
こうした事を行わずに経営していくには、フランチャイズで介護事業を行うと良いでしょう。

介護フランチャイズに必要な資金とは

介護事業をフランチャイズに加盟して行うことで、フランチャイズ本部が必要な資金のいくらかを負担してくれますので、これと決まった必要資金はいくらか違ってきます。
介護フランチャイズ事業のひとつであるデイサービスでいえば、初期に必要な資金は運転資金を含めて1000万円くらいから1300万円くらいといわれています。
事業を始めても2カ月後からしかサービス提供の報酬が入ってこないため、2カ月間の人件費や賃貸料などを資金として用意しておかなければいけないのです。

そして介護フランチャイズに加盟したことによる加盟金や設備費用、求人費や広告費などもかかりますが、フランチャイズに加盟すると本部から支援金を貰えるケースもあります。
だから実際には必要資金がもっと少なくなりますので、300万円位もあれば十分といわれています。

介護フランチャイズ事業の訪問介護になると、多くのフランチャイズでは加盟金がすごく安くなりますので、資金が少ない人は加盟金が少ないフランチャイズを探すと良いでしょう。
介護事業を展開している大手の場合は、強力なブランド力があるため、求人や広告を出さなくても良いので、求人費や広告費が掛からないこともあります。
このような事からも言えるように、独自の介護事業よりフランチャイズの方が資金も少なく、安心して事業を展開していくことができるのです。

フランチャイズ募集サイトランキング

フランチャイズの窓口

人気の理由
  • 200社以上の掲載数!
  • 逆指名制度で見つけてくれる!
  • 説明会情報も見れる!

公式サイトはこちら

アントレnet

人気の理由
  • 大手リクルートが運営!
  • 様々な検索軸から探せる!
  • 独立事例集も豊富!

フランチャイズ比較ネット

人気の理由
  • 運営9年、利用者12万人の実績!
  • 加盟金キャッシバック制度!
  • 電話での対応も可能!

介護のフランチャイズをしたい方へ

介護 フランチャイズの口コミ・評判